信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
チャボトウジュロ ヤシ科

日本でも古くから庭木と使用されているトウジュロ(唐棕櫚)に似ていますが、葉柄に刺があるところがもっとも大きな違いです。
通年、日当たりの良い場所に置き
光線を沢山あててがっしりと丈夫に育てるようにします。
光線不足になると葉が垂れ下がり、貧弱な幹となってしまいます。
生育期の5〜9月は戸外の日当たりの良い場所に置き、冬は明るい室内に移動します。
水やりは、生育期は鉢土が乾いてきてからたっぷりと水を与えます。
冬は、鉢土表面が白っぽく乾いてきたら鉢土に水を与えます。
地植えの場合は特に気にする必要はありませんが、乾燥が長期間続くようであれば、水遣りを行なっても良いでしょう。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 10〜25℃
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小
| yamatoenb | タ行 | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/86
トラックバック
PAGE TOP