信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
シュロチク ヤシ科
 
江戸時代前期に渡来したといわれるほど、古くから日本で親しまれています。
株立ちでよく叢生し、カンノンチクに比べ小葉は幅が狭く葉肉が薄く成長もおそく、比較的低温に強い。
春から秋までは明るい日陰に置き、冬にはガラス越しの日光が当たる場所に置きます。
水やりは、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
鉢土の乾燥を嫌いますが、過湿も根腐れの原因になります。
乾燥時には葉水をこまめに与えます。

Information

日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中


| yamatoenb | サ行 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/82
トラックバック
PAGE TOP