信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
サンゴアナナス パイナップル科

珊瑚の球のような紅色の花穂を出し、紫色の花を咲かせます。
強い直射日光に当たると葉焼けを起こしてしまいますので、一年を通して明るい日陰で育てます。
室内に置く場合も、レースのカーテン越しの柔らかい日差しの当たるような場所が適しています。
真夏はできるだけ暑さを避けて風通しのよい場所で育てます。
越冬温度は3〜5℃、冬は室内の日の当たる場所に取り込んで育てます。
一年を通して空気中の湿度が高い環境を好みます。
株元が筒状になっておりそこから水を吸収するため、生育期5〜10月にはその部分に常に水をためるようにしておきます。
水やりの際は、筒状の部分にたまった水が入れ替わるくらい株の上からたっぷりと水を注ぎかけます。
秋頃からはたまった水をいったん出してしまい、葉筒部の底にわずかに水がたまる程度にとどめておきます。
空気が乾燥するようなら、ときどき霧吹きで葉に水をかけてあげましょう。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20〜30℃
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 中 小
| yamatoenb | サ行 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/81
トラックバック
PAGE TOP