信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
ライムポトス サトイモ科

熱帯アジア、インド原産で蔓性植物。
丈夫で栽培しやすく、環境の変化によく適応することもあって、古くから親しまれているおなじみの観葉植物ですが、近年でも人気が衰えることなく広く栽培されています。
環境は、強い日光を嫌い、多湿を好みます。
室内では日光が当たるところ、夏に屋外に出す場合は半日陰に置きます。
水やりに関して、春から秋は、表土がやや乾いたらたっぷりと与えます。
冬は控えめにし、かわりに霧水をまめに与えます。
水や霧水は、茎から出る気根にも与えます。
サトイモ科の仲間は生育が早いので、植え替えるというより、根がこんできたものは
さし木やとり木、株分けなどで株を更新します。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | ラ行 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
PAGE TOP