信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
ミルクブッシュ トウダイグサ科

樹液の白い乳液と、ブッシュ(藪)状に茂ることから、この名が付けられました。
樹液はガソリンに似た成分(テルペノイドなど)を含むことから、オイルショックの頃には「石油植物」として期待されたこともありました。
植物の形から「アオサンゴ(青珊瑚)」とも呼ばれます。
枝は棒状で、不規則に分枝します。
先端に丸い鱗片状の小さな薬が付きますが、早くに落ちてしまいます。
室内では、日光が当たるところに置きます。
夏に屋外に出す場合は、徐々に慣らしながら直射日光に当てましょう。
光線不足だと徒長して色が悪くなり、枝が折れたり落ちたりすることがあります。
水やりに関して、春から秋は、表土が乾いたらたっぷりと与えますが、低温時の過湿に弱いので、冬は乾燥気味に管理します。
風通しが悪い環境では、カイガラムシが発生することがありますので注意が必要です。

Information

日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | マ行 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/72
トラックバック
PAGE TOP