信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
マングーカズラ サトイモ科
 
沖縄、台湾に自生し、日陰でも強い生育力を示し、耐寒力も強いことから、ハブよりも強いマングースから「マングーカズラ」と名づけられたといいます。
耐陰性があり、弱光下でもよく育ちます。
直射日光にあたると葉焼けを起こします。
カーテン越し程度の明るさのところに置きましょう。
戸外栽培をするときは春と秋は20〜30%、夏は50〜60%の遮光が必要です。
水やりは一般的な鉢物と同程度でよく、鉢土の表面が乾いたら鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。
高温期にはときどき葉水を与えます。



Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中

| yamatoenb | マ行 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/36
トラックバック
PAGE TOP