信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
ドラセナコンパクタ リュウゼツラン科
 
アオワーネッキーの矮性種。
(あまり上に伸びない)
暗めの室内でも良く育ちます。
春から秋の生育期は、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
秋の最低気温が20℃を下回ってきたら徐々に水を吸わなくなるので、水やり間隔を徐々にあけてゆきます。
冬は鉢土の表面が白く乾いてから更に3、4日してからの水やりにして乾燥気味に管理します。
冬の水の与え過ぎは根腐れの原因になるので注意してください。
冬は空気が乾燥するので、霧吹きで葉水を与えながら育てます。
乾燥気味に育てると良いでしょう。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 中 小

| yamatoenb | タ行 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/30
トラックバック
PAGE TOP