信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
ディフェンバキア サトイモ科
 

幅広の葉に白や黄白色の斑が美しく入り、暑い夏の時期も涼やかに演出します。
葉色や斑の入り方は変化に富み、大きく育つタイプと小型タイプがあります。

自生地は森の日陰に生育します。
株元から盛んに新芽が出て、株立ちになる種類は鉢いっぱいに生長します。

置き場所は、強い光線を嫌うので、春から秋は、薄いカーテン越しの日が当たる場所に置きましょう。
夏に屋外に出す場合は、明るい日陰に置きます。
冬は日の当たる暖かい室内で管理します。

水やりに関してですが、春から秋は土の表面がやや乾いてから、冬は土の表面が乾いてから与えます。
低温に弱く、水が多すぎると急激に弱るので注意しましょう。

Information
日光半日陰
適温20〜30℃
適湿やや湿っている
場所一般室内
サイズ中 小
| yamatoenb | タ行 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/120
トラックバック
PAGE TOP