信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
シュガーバイン

 
やわらかいカーブを描いてしだれる細い茎に、5枚葉の端整な葉がリズミカルに連なる愛らしいつる植物で、近年人気が高い品種です。
日本にも自生するナツヅタなどの仲間のツタ属を親とする園芸種で、つるからヒゲが伸び、他の植物などに巻きつくようにして生長します。
シュガーバイン(甘いツタ)の名前は、葉の付け根に甘い半透明の粒が付くことに由来するといわれています。
水やりは、葉が薄く水切れに弱いので、春から秋の生長期は、表土がやや乾いたらたっぷりと与えます。
冬は水が多すぎると根腐れを起こすので控えめにし、表土が乾いてから与えましょう。

Information
日光半日陰または明るい室内
適温20〜30℃
適湿やや湿っている
場所一般室内
サイズ中 小

| yamatoenb | サ行 | 15:55 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://guidebook.yamatoen.jp/trackback/111
トラックバック
PAGE TOP