信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
マッサンゲアナ リュウゼツラン科
 

「幸福の木」というネーミングで有名。
明るい室内に置くことが望ましい。
直射日光にあたると葉焼けを起こします。
光が足りないと葉が徒長して細くなり、黄色の縦斑の色が薄くなります。
春から秋には戸外栽培ができますが盛夏期には50%程度の遮光が必要です。
根腐れをおこしやすいので水やりは控えめに。
鉢土の表面が白く乾いてからあげるようにしましょう。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 15℃〜25℃
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小
| yamatoenb | マ行 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
マングーカズラ サトイモ科
 
沖縄、台湾に自生し、日陰でも強い生育力を示し、耐寒力も強いことから、ハブよりも強いマングースから「マングーカズラ」と名づけられたといいます。
耐陰性があり、弱光下でもよく育ちます。
直射日光にあたると葉焼けを起こします。
カーテン越し程度の明るさのところに置きましょう。
戸外栽培をするときは春と秋は20〜30%、夏は50〜60%の遮光が必要です。
水やりは一般的な鉢物と同程度でよく、鉢土の表面が乾いたら鉢底から出るくらいたっぷりと与えます。
高温期にはときどき葉水を与えます。



Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中

| yamatoenb | マ行 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
マンリョウ ヤブコウジ科


常緑性の低木で秋〜冬にかけて、小さな赤い実が枝にぶら下がるようにたくさん着きます。
光沢のある葉と赤い実のコントラストが美しく、正月の縁起木として親しまれています。
林の中、高木の陰になるような場所に自生する樹木で、強い日射しや乾燥を嫌います。
直射日光(特に西日)の当たる場所を避けて薄日が差し込む場所や、明るい日陰で育てます。
強い直射日光が常に当たる場所では葉が黒ずんで実付きも悪くなります。
地植えの場合、適地(極端に乾燥しないやや湿り気のある土壌)に植えていたら水を与える必要はありません。
鉢植えの場合は、土の表面が乾いていたらたっぷりと水を与えます。
鉢植えで乾燥させてしまうと葉先から枯れ込んで生育が衰えます。

Information
日光 半日陰
適温 3〜20℃
適湿 やや湿っている
場所 主に戸外
サイズ 大 中
| yamatoenb | マ行 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ミルクブッシュ トウダイグサ科

樹液の白い乳液と、ブッシュ(藪)状に茂ることから、この名が付けられました。
樹液はガソリンに似た成分(テルペノイドなど)を含むことから、オイルショックの頃には「石油植物」として期待されたこともありました。
植物の形から「アオサンゴ(青珊瑚)」とも呼ばれます。
枝は棒状で、不規則に分枝します。
先端に丸い鱗片状の小さな薬が付きますが、早くに落ちてしまいます。
室内では、日光が当たるところに置きます。
夏に屋外に出す場合は、徐々に慣らしながら直射日光に当てましょう。
光線不足だと徒長して色が悪くなり、枝が折れたり落ちたりすることがあります。
水やりに関して、春から秋は、表土が乾いたらたっぷりと与えますが、低温時の過湿に弱いので、冬は乾燥気味に管理します。
風通しが悪い環境では、カイガラムシが発生することがありますので注意が必要です。

Information

日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | マ行 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
モッコク ツバキ科

庭木の定番といえる樹木で、光沢のある葉となめらかな樹皮、秋に熟す果実が美しい。
午前中は日が当たり、午後から影になるような場所が最適ですが、日当たりの良い場所でも良く育ちます。
ただし、西日や乾いた寒風がもろに当たる場所は適していません。
そのような場所では枝枯れを起こすことがあります。
2月に堆肥もしくは油かすに骨粉を2割程度混ぜたものを株元に施します。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 5〜30℃
適湿 やや湿っている
場所 戸外
サイズ 大 中 小
| yamatoenb | マ行 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
モミノキ マツ科

樹形が好まれ庭の主木になる。
室内向きではないが、12月には、クリスマスツリーとして部屋に飾られる。
寒冷地には適さない。
庭に植えるとどんどん大きくなってしまうので、鉢植えで管理するのがベストです。
越冬温度は0℃くらい。
夏場に水を切らしたり、蒸れたりなどすると、翌年の夏から秋頃に突然、葉っぱが茶色になって枯れてしまうことがあるので注意しましょう。
深根性の樹木なので、基本的には移植が難しい樹木の1つです。

Information

日光 強い日光を好む
適温 15〜20℃
適湿 乾燥に弱い
場所 日当たりの良い戸外
サイズ 大 中 小


| yamatoenb | マ行 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PAGE TOP