信頼と実績の造園会社/東京・横浜

植物図鑑
パキラ パンヤ科

耐陰性、耐寒性共に優れていて育てやすいです。
なるべく光線に当てて締まった株に育て、伸びすぎた枝は整枝・剪定をして株を整えます。
切り落とした枝は挿し木にして増やせます。
夏の生育期には用土が乾いたらたっぷり与えます。
また、ハダニがつきやすいので、葉水をよく与えます。
しかし、用土の過湿な状態は嫌います。
冬は水をかなり控えます。


Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20〜30℃
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | ハ行 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
マッサンゲアナ リュウゼツラン科
 

「幸福の木」というネーミングで有名。
明るい室内に置くことが望ましい。
直射日光にあたると葉焼けを起こします。
光が足りないと葉が徒長して細くなり、黄色の縦斑の色が薄くなります。
春から秋には戸外栽培ができますが盛夏期には50%程度の遮光が必要です。
根腐れをおこしやすいので水やりは控えめに。
鉢土の表面が白く乾いてからあげるようにしましょう。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 15℃〜25℃
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小
| yamatoenb | マ行 | 16:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ヒメモンスラ サトイモ科

強い光線だと葉焼けをおこし生育が悪くなります。
春と秋はレースのカーテン越しの光に当て、夏は半日陰の所に置きます。
高温多湿を好みますので、頻繁に葉水をしましょう。
水やりは一般的な鉢物よりやや多めに与えます。
暖かい時期には時々肥料を与えます。
直射日光を嫌い、明るい室内に置きます。
冬越しには最低5℃は必要です。
寒さには比較的強いが、冬季は水やりをひかえましょう

Information

日光 半日陰または明るい室内
適温 25℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小



| yamatoenb | ハ行 | 16:14 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ビロウ ヤシ科
 

古い記述で「檳榔ビンロウ」と表記されたことから、違う種類のビンロウと混同され、ビロウと呼ばれるようになりました。
琉球諸島では、葉から扇子、帽子などを編み、幹は柱や床材にしました。
沖縄の風習では神木とされています。
環境としては、日陰を好みますので、1年中、明るい室内に置きましょう。
耐陰性はかなりありますが、光線が足りないと株が軟弱になります。
直射日光に弱く、すぐ葉焼けを起こします。
戸外栽培をするときは40%程度の遮光が必要です。
水を絶やさないように、夏場は土の表面が乾いたら鉢の底から水が流れるまで多めに、また、冬場は控えめに与えてください。
水のやりすぎは根を腐らせてしまいますので、十分に注意してください。
風通しが悪い場所では、カイガラムシが付くことがありますので注意しましょう。

Information

日光 半日陰または明るい室内
適温 20〜30℃
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | ハ行 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
ダイウンカク トウダイグサ科
 
柱サボテンによく似ています。
観賞用の代表的な多肉植物です。
大理石状の紋様が入っていて、高さが9mにもなります。
低温には強く0℃以下にならなければ越冬します。
逆に高温を嫌うので、30℃以上にならないように気をつけます。
なるべく長時間日光にあてるようにします。

Information
日光 大変好む
適温 20〜25℃
適湿 乾燥気味
場所 一般室内 暖地の戸外
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | タ行 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
フィカス・ロブスター クワ科

日陰や乾燥に強く丈夫なので、最もポピュラーな観葉植物の一つです。
茎葉が軟弱にならないように光線によく当て、充実した株に育てます。
水やりは、鉢土表面が乾いたら与えるようにしてください。
明るい光を好むので、日の入る明るい窓辺や、やや遮光した戸外に置くと良い

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | ハ行 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
フィカス ウンベラータ クワ科
 
ゆったりしたハート形の葉と独特の樹形が魅力です。
新しい葉は赤みがあり、生育すると薄緑色に変わります。
モダンなインテリアには最高の観葉植物で、インテリア雑誌やモデルルームなどでも良く使用されています。
とても丈夫で、初心者でも扱いやすい植物のひとつです。
生育期には用土が乾いたら十分に水を与え、葉水をかけて湿度を保ちます。
生育の止まった低温期でも、月に数回の灌水は必要です。
水不足でも急に葉が垂れることはないので、気づきにくいのですが、下葉が枯れ落ちる原因の多くは水不足です。
春から秋にハダニやカイガラムシ、コナカイガラムシが発生します。
乾燥した室内ではハダニがつきやすいので頻繁に葉水をしたり、湿った布で拭くと予防になります。大量に発生した場合は殺ダニ剤を用います。
カイガラムシやコナカイガラムシは見つけ次第捕殺するか、薬剤を散布しましょう。
早期に手当てしないと、スス病を誘発します。


Information
日光よく日光のあたる室内
適温20〜30℃
適湿多湿を好む
場所一般室内
サイズ大 中 小
| yamatoenb | ハ行 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
フィリカポック ウコギ科

乾燥に強く、日陰にも耐えるのでオフィスなどに最適です。
鉢土内の過湿に気をつけます。
5〜9月に葉や茎にカイガラムシが発生するので、歯ブラシなどでこすり落とすか、カルホスなどの殺虫剤で防除します。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内及び暖地の戸外
サイズ 大 中 小

| yamatoenb | ハ行 | 16:12 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
フィリベンジャミナ クワ科

小型の葉で肉厚、濃緑色で太い幹から芽吹いた株に人気があります。
日陰や乾燥に強く、寒さにも適応し、12度あれば越冬します。
水やりは、鉢土の表面が白っぽく乾いたら十分に与えます。
 
Information

日光 半日陰または明るい室内
適温 20℃前後
適湿 やや湿っている
場所 一般室内
サイズ 大 中 小




| yamatoenb | ハ行 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
タコノキ タコノキ科
 
タコの足のようにでた気根がユニークで人気があります。
明るい場所を好みますが、直射日光は葉焼けの原因になりますので、半日陰の場所で管理してください。
やや寒さに弱いですが乾燥に強いので、冬季は水を控え乾かせ気味に育てます。
春から秋は戸外で日光にあて強い株に育てます。

Information
日光 半日陰または明るい室内
適温 10〜30℃
適湿 渇き気味
場所 一般室内
サイズ 大 中 小



| yamatoenb | タ行 | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
PAGE TOP